これから新しい事業をはじめようとしたときには、さまざまな準備作業が必要となります。その中でも、特に需要な作業の1つが名刺印刷です。
名刺は、これから事業を進めていく上で、新しい取引先となる人たちに、自分の名前と事業内容をしっかり覚えてもらうための重要なビジネスアイテムです。
せっかく名刺を渡しても、次の日には忘れられてしまうことがないよう、記憶に残るような名刺を作りたいものです。
しかし、他の準備作業にもいろいろお金がかかる中で、名刺の作成にあまりお金をかけてはいられないのも正直なところです。また、何かと忙しい中、じっくりと手間や時間をかけて名刺を作る時間的な余裕もありません。
そこで、コストを抑えつつ簡単手軽に、自分だけのオリジナル名刺を作ることが望まれます。

名刺データを自分で作ってみよう

名刺作成をする上で、一番重要になるのが、名刺の印刷デザインの作成です。デザイナーに外注して作ってもらうのが一番手っ取り早いのですが、ロゴなどのデザインを一から作ってもらっているとかんありお金がかかります。そこで、コストを抑えるために、名刺のデザインをいっそご自分で作ってみてはいかがでしょうか。
名刺を自分で作るといってもそれほど難しいことはありません。お名前や社名、住所などのテキストだけであればwordやexcelでも名刺データを簡単に作ることができます。
ロゴなどは、それほど複雑な意匠でなければ、wordやexcelの図形描画機能を使って作ることも可能ですが、paintshopやphotoshopなどの画像編集ソフトがあれば便利です。
また、自分の顔を覚えてもらうため、氏名の横に顔写真をレイアウトして貼り付けるのもいいですね。

名刺印刷は、web発注業者の利用がおすすめ

名刺データ作成後、実際の用紙への印刷も自分で行うことも可能ですが、きれいに印刷したいなら、印刷だけは業者を利用するのもよいでしょう。その場合、コストを抑えられるweb発注可能な業者の利用がおすすめです。
web発注とは、印刷業者のwebサイトから名刺印刷の一連の作業を一貫して行うことができるシステムです。自分で作成した名刺データの入稿から、印刷用紙の種類選定、印刷部数の設定、印刷画質選定など、すべてwebから行い、最後に発注ボタンを押せば完了。
web発注システムを導入することで、業者としては、受注に関する費用を削減できるため、低コストで印刷を行うことが可能になります。
例えば、用紙の種類や画質の設定などの印刷条件にもよりますが、100枚の名刺を、1000円以下の低価格で印刷することも可能です。