新しく事業を始めようとしたときには、さまざまな準備作業が必要となりますが、その1つが名刺の作成です。名刺は、今後、重要な取引先となるである人に、自分の名前や会社名、事業の内容などをひと目で理解してもらうための重要なビジネスアイテム。
せっかく名刺を渡すのなら、名刺のデザインにこだわるなどして、渡した人の記憶に残るようなものにしたいところです。
しかし、事業開始直前の状況では、他にすべき作業もいろいろある中で、名刺印刷という1つの作業に、多くの時間をかけている余裕はありません。また、この段階では売り上げが発生していないことから、名刺作成のような準備作業にあまり費用をかけたくないのが正直なところです。
そこで、簡単かつ低いコストで、一定以上の品質の名刺を作成できる業者に頼むのが好ましいです。

web発注を導入している業者がおすすめ

名刺印刷の業者にはさまざまあり、どの業者がよいか判断することは簡単ではありません。しかし、コストを抑え、また、短期間で印刷を依頼したいなら、web発注システムを導入している印刷業者を選択するのがよいでしょう。
web発注システムとは、印刷業者のwebサイトから、名刺印刷に関するすべての作業を一貫して行うことができる便利なシステムです。
名刺データの入稿、印刷する用紙種類の選択、印刷部数の入力、印刷画質の選択など、さまざまな作業をwebサイトから行い、最後に発注ボタンをクリックすれば発注完了です。
このシステムを導入している業者では、印刷の受注に関して人件費を削減できるメリットがあることから、印刷の料金がかなり低価格に抑えられているところが多いです。

納品までの期間が短いのもメリットの1つ

web発注システムを導入している業者がよいもう1つの理由は、スピードの速さです。発注までのすべての作業がwebで完結しているため、発注が行われると、その発注に関する情報はすぐに業者の印刷工場に送られます。発注当日に印刷が開始され、翌日には発送可能な場合も多いです。
特に事業開始時は、突然、新しい取引先に伺う機会も多いですが、名刺の作成を失念していた場合でも、翌日発送可能な業者があれば安心です。
ただし、発注から発送までの期間が短いほど、いわば特急料金がかかることになりため、その分、印刷コストは高くなります。時間的に余裕を見て発注できる場合は、翌日発送を選ぶのではなく、発送日を数日後に設定することで、翌日発送よりは低い価格で発注することが可能になります。