これから会社を興して新しい事業を始める際には、さまざまな準備作業が必要です。それぞれ重要な作業ではありますが、今後の取引先開拓の上で特に重要になるのが、名刺作成です。
名刺は、新しい取引先の人々に、自分の名前や会社名、どのような事業を行っているのかをしっかりと覚えてもらうための、大切なアイテム。渡した人に記憶してもらえるような名刺にしたいものです。
とはいえ、あまりこだわりすぎると名刺印刷にかかる費用がかかりすぎてしまいます。ただでさえ、いろいろな準備にお金がかかる状況で、名刺印刷にそれほど大きなコストをかけるべきではないでしょう。
自分だけのこだわりの名刺を作りたい場合でも、印刷にかかるコストにも注意を払いながら、印刷業者を選定するべきでしょう。

コストを抑えるならweb発注可能な業者がおすすめ

世の中にはさまざまな印刷業者が存在し、その善し悪しは価格だけで判断できるものではありません。そこで、業者選定の際には、web発注が可能かどうかを1つの判断基準にしてみましょう。
web発注とは、印刷業者のwebサイトから、名刺印刷の発注に関するすべての作業を一貫して行うことができるシステムです。
発注の際には、名刺データの入稿、印刷用紙の種類選定、印刷部数の設定、印刷画質の決定など、さまざまな入力作業が必要ですが、これらをすべてwebサイトから行い、発注を完結することができるのです。
そのため、印刷業者を訪れて名刺の印刷データを持ち込むなどの手間が不要になります。また、業者側の観点では、受注に関する費用を抑えることができるため、お客さん向けには低価格での印刷サービスを提供できるのです。

印刷データの作成もweb上でできる

web発注システムのメリットは、発注作業の簡単さや価格の低さだけではありません。名刺の印刷を依頼する前に、名刺データの作成が必要になりますが、この名刺データの作成をwebサイト上で行うことができるのです。
webサイトには、名刺データ作成用のページが設けられ、このページにはさまざまなデザインのテンプレートが準備されています。
用意されているテンプレートの中から1つ選び、このテンプレートに、氏名、会社名、住所、電話番号などのテキストデータを入力するだけで、基本的な名刺データの作成が完了します。
あらかじめ名刺データを作成しておく必要がないため、さらに名刺作成の手間が省けます。
また、会社のロゴや個人の顔写真などをテンプレートに貼り付けることもできます。これにより、自分だけのこだわりの名刺を作ることができます。