開業時にはコストを抑えた名刺印刷を

新しい事業を始める開業時には、さまざまな準備作業に時間をとられ、そのためのお金もどんどん出ていきます。まだ売り上げが出ていない状態なので、事業準備にかかるお金は極力抑えたいところです。
開業時の準備作業のうち、重要なものとして、名刺印刷があります。名刺は、これからのビジネス面での自分の顔となるものであり、大変重要なアイテムです。新しい取引先の人に、すぐに名前や会社名を覚えてもらえるよう、こだわりの名刺を作りたいと考える方も多いでしょう。
しかし、名刺のデザインにこだわるあまり、専門の業者に名刺を一から作ってもらうとなると、かなり費用がかかります。事業準備として重要なのは名刺印刷だけではないはずですから、名刺だけに大きなお金を使ってしまうのは考え物です。

コストを抑えるために名刺データを自分で作ってみよう

外部の業者に名刺デザインを頼むと費用がかかるなら、いっそ、自分で名刺データを作ってしまいましょう。自分で名刺デザインを自由に考えられる上に、外注費用がかからず、一石二鳥です。
これまで名刺を作ったことないのに、名刺データを自分で作るなんて、本当にできるのか、と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫です。
名刺の基本は、氏名、会社名、住所などの文字です。文字編集なら、wordやexcelなどの汎用的なソフトで十分です。文字のレイアウトや大きさ、フォントを好みの設定にすれば、基本的な名刺データができあがります。
また、会社のロゴなどがあれば、ぜひ、名刺データに貼り付けましょう。また、自分という人間を覚えてもらうためには、名前の横に顔写真を貼り付けるのも1つの手です。

印刷はWEBサイトから発注できる業者を選ぶ

名刺データを作成すれば、そのデータを使用して、名刺サイズの用紙に印刷すればそれで終わり。ですが、名刺の印刷では画質が大変重要です。印刷の画質が悪いと、名前などの文字がかすれてしまい、読みにくくなってしまいます。
そこで、印刷に関しては専門の業者に依頼するのが好ましいですが、その場合でも、低価格で印刷してくれる業者を探しましょう。
おすすめは、WEB発注システムを導入している業者です。WEB発注とは、名刺データの入稿、印刷画質や用紙の選定、印刷部数の設定など、印刷発注に関するさまざまな作業を、業者のWEBサイトから全て行うことができるシステムのことです。
このシステムを導入することで業者側のコストがかなり低減されます。そのため、低価格での印刷サービス提供が可能となるのです。

少ないロットでも、100枚単位でも全国配送します。 会員登録で必要事項を入力すれば次回から簡単発注できます。 営業時間は平日10:00~17:00、定休日は土日祝です。 20枚から注文できるので、色々なデザインを安く試せます。インターネットより簡単無料用紙サンプル請求ができます。 Illustratorがなくてもテンプレートで簡単発注。 従業員の名刺もオンデマンド印刷だから楽々発注できます。 名刺印刷ならライオン名刺にご相談ください!